浣腸 エネマ

エネマとは浣腸のこと。

その手の月刊専門誌もあるほどで、緊縛や野外露出、スワッピング等と共に一般人にもそれなりに認知度の高い責めに分類されるだろう。

Sはまた同時にMであると言われるものの俺には全くM気はなく、責めについて実際に体感したことはほとんどない。

よってその効用はM女性からの話や推測でしかないものの、浣腸については例外だ。

誰しも小学校の授業で苦しい苦しい地獄の責めを一度は経験したはずである。

浣腸のポイントは三点。

1.羞恥

2.我慢するときの苦しさ

3.放便するときの快感

2の苦しさや3の快感は我々責め手や浣腸未経験にも容易に理解できることと思う。

さんざん我慢させられた後の排便はまさに極楽気分だ。

エネマはあの地獄及び極楽を人為的に味わう手段でもある。

定期的な浣腸は腸内洗浄の意味においても積極的に取り入れられるべき責めだが、大いなるネックとして臭いと後始末の問題がある。

これゆえ浣腸が特殊な責めになってしまっているし、スカトロ系は無理だと言うM女も少なくない。

少なくとも俺はエネマにおいて女性の羞恥や我慢している姿にそそるのであって、便そのものには何の興味もないし、それは責めによって生じた全く無用な副産物くらいにしか思っていない。

世の中には便そのものに興味を持つスカトロマニアも多く存在するが、俺には理解できない。

否、個人の趣向を尊重して「興味がない」と言うべきか。

臭いについては鼻の下にメンソール系の薬物でも塗っておけば事足りるが(俺の大好きな映画「羊たちの沈黙」でもそういうシーンがある)、後片付けについてはかなりの苦痛と手間を要する。

床に敷いたビニールシートは洗うのではなく廃棄すればいい。

便が万が一シートから外れてしまったりすれば大変なことになる。

SMにおいてはグリセリン液と当時に強制排便されることが多いので、どうしても腸内で固まりきる前の水っぽい便になり水分が多くて染みつきやすい。

それが自室であれプライベートダンジョンであれホテルであれ、染みついてしまえば臭いで困ることになる。

あるいは迷惑を掛けることになる。

アルファイン等のSMホテルならいざ知らず、シティーホテルやラブホであれば程度によってはペナルティーの対象になるるだろう。

また、シートから外れなくても臭いは残るもので、それを快適な臭いだと感じる人は世の中稀だろう。

トイレで排便させれば済むことだが、非日常こそがSMの醍醐味でもあり、普通に排便させたところで面白味は薄い。

そういう意味においても俺が薦めるのは屋外である。

何も1から10まで屋外でする必要はなく、浣腸は室内で済ませておけばいい。

そこから首輪でも巻いて散歩に出かけるのだ。

四つん這いで電柱にさせればまさに犬である。

特にプライドの高い女性にこのような行為をさせるのは著しく興奮するものだ。

浣腸のための浣腸ではなく、アナルセックスやアナル調教準備のための浣腸もある。

通常の排便で済ませる人も多いが、浣腸の方がより望ましいのは言うまでもない。

まめに腸内を洗浄すると、例えばアナルに挿入した指先の匂いを嗅いでも全く無臭になる女性がいる。

ときに何もせずとも無臭の女性がいるのが、これには感動する。

こういう女性にはアナル系の調教が実にそそる。

逆に、いくら洗浄を重ねようが臭いが残る場合も多く、こればかりは体質だ。

経験上言えば、美しいアナルの外観の持ち主は同時に無臭である確率が高いように思われる。

貴女も興味があるなら自分で指を挿入して確かめてみればいい。

もしも全くの無臭なら、それは数の子天井やミミズ千匹に匹敵する後ろの名器だ。

大いに誇ってよい。

実はエネマにも相当の中毒性がある。

今回の話に何の興味がない貴女でも、「お浣腸をお願いします」と懇願する可能性を十分に秘めている。

ただし、一旦仕込んだ以上中毒性があるので、末永くその臭いと後始末の問題に向き合うだけの根性が浣腸行為に持てないならばあえて行わなくてもいいだろう。

また、エネマの快楽を知ると上記した三点に加えてエネマの行為それ自体が快感になってくる。

アナルに注射器の先が挿入されただけで十分な快楽を得るだろう。

よくドラマでよく見る麻薬中毒者が針を差し込んだだけで利いてもいないのに顔が恍惚となるあれと同じだ。

エネマのやり方は誰でもわかるだろう。

手取り早いのはイチジク浣腸を買ってくることだ。

凝ってくると浣腸マニアはガラス製の注射器を使用することが多いようだが、様々な容量の種類が存在する。

あまり小さいと何度も注入する必要があり、また大きすぎると持ち運びには不便であるので、ミドルサイズの物が良いように思う。

俺は割れないという意味においてガラス製ではなくプラスチック製を使っている。

注意すべきはSMショップで買ってはならないということ。

元はれっきとした医療器具なのだが、それがSMショップの店頭に並んだだけで非常に高価な品物になっている。

その手の店からネット通販で買うのが正解だ。

これは他の品でも言える話だが、手錠にせよ目隠しにせよ、もともとSM用などというものはなく、一般の品を勝手にSM用と銘打って販売しているだけに過ぎない。

まずは一般の店で手にはいるかどうかを考慮するのがSM用品購入の基本中の基本である。

エネマに付随する用具として注入したグリセリン液を漏らしてしまわないためのアナル栓があるが、これさえも工夫すれば一般用品でまかなうことが可能だ。

イチジク浣腸や薄めたグリセリン液でのエネマが何より本格的で気分も出るが、水あるいはぬるま湯でも構わない。

(理由は不明だが、牛乳浣腸愛好者が何故だか多い)

腸壁からの体内吸収で場合によっては死亡事故につながるので、アルコール浣腸は御法度だ。

エネマに類似するものとして「おもらし」及び「排泄管理」があるが、これらは他項に譲ることにする。

SM未経験者のM女の場合、エネマは好き嫌いのはっきり別れる調教で、どちらでもよいといった中間層が少ないということを最後に添えておく。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい お浣腸されたい お浣腸 エネマ アナル調教 牛乳浣腸 医療プレイ


このページの先頭へ