ペット責め

ペット責めとは、その名の通りペットを責めに使う行為である。

皆さんは「バター犬」という言葉をご存じだろうか?

これは女性がオナニーをする際に自分の指を使わず性器にバターを塗り、そこを犬に舐めさせるという行為において、それ用に訓練(?)された犬のことだ。

これをそっくりそのままSMに転用し、例えば縛った女性の性器にバター等を塗り犬に舐めさせる。

別に犬でなくともウサギでも猫でも何でもいいのだが昔からこの手の話で聞くのは専ら犬であり、他はあまり適さないのだろう。

一人暮らしのM女宅に呼ばれてみれば犬がいるというのはよくあること。

本来ならば自分が躾るべきペットに快感を与えられ、あまつさえ絶頂に達するならば、その屈辱は相当なものだろう。

その辺の野良犬なら尚更だがそれはあまりに危険過ぎる。

当然のことながらこの責めはかなり女性を選ぶ。

屈辱的陵辱的なことを好む女性ならば積極的に取り入れてもいいだろうが、そうでないのなら知識のみで十分だ。

欧米ではアニマルセックスというれっきとしたジャンルがあり、その主役は専ら馬か大型犬である。

馬はいささか現実離れしているが、犬ならば実行可能な環境にある人は多いと言える。

犬にバックから突かれて絶頂に達する女奴隷というのは、相当に惨めな絵である。

動物を責めに使うにしても、ペット責めより更に過酷なのが畜生責めだ。

マニアックなSMビデオでは畜生責めのシーンが散見されるが、どんな畜生が使われているかと例を挙げれば、

ミミズ、ゴキブリ、ウナギ、アナゴ、イカ、タコ、ヘビ等々...

一部責めというより拷問の域に達する畜生もいるが、要するに挿入できるか、あるいは嫌悪感が生じれば何でもいい。

それぞれ責めの詳細についてはいちいち具体的に書く気も起こらないので各自で想像されたい。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい ペット責めされたい ペットプレイしたい    


このページの先頭へ